ぷるるん女神を返金保証付きで購入!損をしない買い方講座

コレを食べて女性ホルモンUPでバストアップ!


『サプリメントには抵抗があるから食べ物でバストアップをしたい!』という女性は多くいます。そんな声におこたえして、バストアップに欠かせない女性ホルモンの分泌が促されるという食べ物をご紹介いたします!

 

生キャベツでボロンを摂取

キャベツでバストが大きくなるというウワサを聞いたことがあるという人もいると思います。それは、キャベツに含まれているボロンという成分に秘密があったからなんです。

このボロンには女性ホルモンであるエストロゲンの分泌を促してくれる効果があり、そのためにバストアップに効果があると言われるようになったんですね。

ボロンは酸化しやすく熱に弱いため、空気に接していない内側の部分を生で食べることでその効果が得られます。

ですが、バストアップに効果があるとされている量をキャベツだけで摂取しようとすると毎日約1玉食べることになってしまうので、リンゴやナッツなどの他のボロンが含まれているものと合わせて食べることで無理なくバストアップを目指すことができます。

 

魚卵でビタミンEを摂取

ビタミンEは卵巣に高濃度で含まれている成分なのですが、このビタミンが足りなくなることによって女性ホルモンの代謝が落ちてしまうことがあります。

そこで、ビタミンEが豊富に含まれている魚卵やお茶などを意識して摂取することで、女性ホルモンの代謝を良くすることができるんです。

このビタミンEにはホルモンの代謝を良くするだけではなく分泌を促す力もあるため、バストアップをしたいという女性には不可欠な栄養素になっています。

 

女性ホルモンでバストアップできる食べ物があるって知っていますか?

毎日の食事に気をつけるだけでバストアップができたらいいなと考えている女性は意外と多いものです。そこで、バストアップに欠かせない女性ホルモンの分泌を促してくれるという優秀な食べ物をご紹介いたします!

 

大豆製品でイソフラボンを摂取

バストアップと考えたときに大豆製品を思い浮かべる人もいるでしょう。大豆製品には女性ホルモンと同じような働きが期待できるイソフラボンという成分が含まれています。

イソフラボンは原料である大豆に多く含まれている上に熱などにも強いため、豆腐や豆乳などに加工されていてもその効果には変わらず期待ができる成分になっているんです。

 

この成分以外にもたんぱく質やカルシウムなどの栄養素が多く含まれている大豆なのですが、過剰に摂取するとホルモンバランスを乱す原因になることもあります。

内閣府の食品安全委員会でイソフラボンの摂取目安量を定めているため、大豆製品でバストアップをしたいという人は参考にするのがおすすめです。

 

卵でコレステロールを摂取

病気の原因になるというマイナスイメージの強いコレステロールなのですが、実は女性ホルモンであるエストロゲンの原料となる大切な成分だったんです。

コレステロールをきちんと摂取することによって体内の女性ホルモンの分泌が促され、バストアップにつながるというわけなんです。

 

以前は病気の原因となる危険性があるために摂取を控えるという風潮があったのですが、2015年にコレステロールと動脈硬化などの病気の関連性が明確ではないということで厚生労働省の摂取目安量が撤廃されました。

もちろん摂り過ぎは良くありませんが、『コレステロール=悪』ということは一切ないということなので安心して摂ることができますね。